048-973-0089

平日:8時~12時/15時~20時
土曜:8時~12時/15時~18時
祝日:8時~12時/午後休診
休診日:日曜・毎月第2水曜

腱鞘炎

腱鞘炎(けんしょうえん)は昔は職業病の1つと言われていましたが、今や年齢、性別、職業に関わらず、誰にでもなる能性がある「新現代病」の一つといわれています。

「腱鞘炎」は正式には「狭窄性腱鞘炎:きょうさくせいけんしょうえん」といい、手や指の使い過ぎにより、指や手首に炎症が起こるものです。
腱鞘炎で近年多く見られるのは、親指の付け根や手首に炎症が起こる「ドケルバン病」と言われるものです。
腱鞘炎には、手首や親指の炎症の他に、指の関節(特に人差し指、中指、薬指)に炎症が起こり指が曲がってしまう「ばね指」もあります。
現代は「ドケルバン病」が増加しています。

腱鞘炎の第一の原因は同じ作業の繰り返しによる「手の使い過ぎ」ですが、悪化すると、「持つ」「押す」「つまむ」「ひねる」など、手指を動かす全ての動作に痛みを感じ、箸が持てない、字が書けないほど重症化するケースも多く完治にも時間がかかる病気です。



そのため腱鞘炎は、「ならないための予防」が何より大切なのですが、腱鞘炎になってしまった時にはどのような治療法があるのでしょうか。
主な治療法とケア方法を紹介します。

腱鞘炎の主な治療法は?
基本的には整形外科を受診し診断しますが、まず、自分で診断できる典型的なテストに「フィンケルシュタインテスト」といわれるものがあります。
①親指を内側に入れて握りこぶしを作り ②手首を小指側に曲げる、と親指側の腱の部分に激しい痛みが生じる場合は、炎症を起こしているサインです。これは整形外科の診断時にも同じテストを行います。

腱鞘炎の主な治療法には以下の方法があります。

1、患部の安静、休養
腱鞘炎は、手や指の使い過ぎによるもののため、安静と休養が第一の治療です。
言い換えれば、どんな治療をしても治療後も今までと同じように手を酷使し続けると一進一退となってしまいます。
仕事のみならず日常で、手をなるべく使わないことは大変難しいことですが、なるべく安静にすることが大切になります。

2、固定
骨折時のギブスのように完全に固定するのではなく、運動を制限します。病院では医療用の装具もありますが、サポーターやテーピングなどでも有効です。痛みは腱と腱鞘が擦れることによって痛むため、運動を制限することにより痛みが楽になり悪化を防ぐことにつながります。

3、電気療法、温熱療法
超音波治療や電気療法を用いて実際に負担がかかっている腱や筋肉の緊張を取り除くことによって痛みを取り除いていきます。また当院ではストレッチも併用した運動療法も行っていきます。

腱鞘炎の治療には主に以上のような治療法がありますが、再発を繰り返すことも多いため治りにくい厄介な病気です。
腱鞘炎になってしまったら、なるべく手指の安静を心がけ、状態により治療法を選択しながら、日頃のケアも合わせて治療していくことになります。

きたこしがや東口整骨院では腱鞘炎に効果的な治療器があります。
一日でも早く快適に過ごせるように治療しましょう。

アクセスマップ

きたこしがや東口整骨院
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「北越谷駅」から徒歩1分
場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(048-973-0089)
お問い合せ
お問い合せ