048-973-0089

平日:8時~12時/15時~20時
土曜:8時~12時/15時~18時
祝日:8時~12時/午後休診
休診日:日曜・毎月第2水曜

膝関節の痛み

knee_osteoarthritis_02

階段の上り下りがつらい、正座ができない、歩いていても痛みが出るなど、膝(ひざ)が痛いと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。なぜ、膝が痛むのか、膝痛の原因と対処法、治療法について解説します。

膝の痛みの原因とは
骨と骨が直接当たらないように、クッションのような役割をしている、関節軟骨というものがあります。関節軟骨は神経が通っていないため、直接痛むことはありません。しかし、関節軟骨がすり減るなど関節に異常があるとき、関節を包んでいる関節包が引っ張られるときなどに、関節の周囲の神経が痛みます。

これらの症状は、病気によるもの、スポーツによるもの、長年の生活習慣によるもの、加齢によるものなどさまざまな原因によって起こります。

(1)変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)などの疾患
変形性膝関節症は、中高年になって膝が痛くなる病気の中で一番多いもの。骨と骨の間の軟骨がすり減り、間が狭くなってしまうことによって痛みが出ます。また、免疫異常によって関節軟骨が破壊される関節リウマチは、手足の指から全身にかけて痛みを起こします。

(2)スポーツによって膝へ負担がかかる
下半身の筋肉を強化することは膝痛の予防のために重要です。しかし、筋肉疲労が溜まっている状態で運動したり、過度な運動を続けたりすると、膝に負担がかかります。膝を支える筋肉や靭帯を痛める原因になります。

(3)O脚、X脚によるもの
先天的なものではなく、これまでの生活習慣によってO脚やX脚になった場合、膝関節に負担がかかって膝が痛みます。O脚は膝の内側、X脚は膝の外側に負担がかかります。

(4)体重の増加や肥満
体重が急激に増えた人や、肥満体質の人は、自分の体重を支えるために膝に負担がかかります。歩くことで、自分の体重の約3倍の重みが膝にかかるといわれます。

(5)太腿の筋肉の衰え
運動不足や疲労、日常生活での姿勢などによって、太ももの周辺の筋肉が衰えることがあります。そうすると、膝の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなり、膝へ負荷がかかります。

膝の痛みの対処法
膝に痛みがあるのは、膝関節が噛み合ってなく、膝に負荷がかかっている状態です。膝の痛みにはどのように対処すればよいのでしょうか。

無理に歩かない
膝が痛いのに無理に歩くと、膝に負担がかかり、さらに痛みが出ます。膝にテーピングを貼る、サポーターを装着することで痛みをやわらげることができます。階段昇降や正座は特に負担がかかるので極力控えましょう。

腫れがある場合は冷やす
膝が炎症を起こしていると、膝が腫れることがあります。アイシングをして患部を冷やし、熱をとりましょう。

筋力強化も有効
膝周辺の筋肉を使わないと、筋力が落ちてしまいます。強い炎症が治まったら、膝へ負担をかけないよう注意し、膝を伸ばしたままで下肢を挙上する運動をしましょう。

膝の痛みの治療法
まずはきたこしがや東口整骨院を受診する
膝の治療を行う場合は、まずは受診しましょう。問診、視診、触診などの検査によって、病名と原因を診断します。

・装具療法
装具を使うことで、膝を支えたり矯正したりして痛みをやわらげます。サポーターで膝を固定したり、足の外側を高くする足底板を装着してO脚を矯正します。変形性膝関節症が進行し、転びやすい場合には、杖を使うのも効果的です。

・物理療法
温熱療法と寒冷療法があります。温熱療法は、熱や腫れがなく、慢性的に痛むときにおこないます。家庭では、入浴、温めたタオルを膝にあてるなどがあり、当院では、電気や超音波などをあてて膝の痛みを抑えます。膝関節が腫れていたり熱があったりする場合は、寒冷療法をおこない、氷のうなどで冷やします。

・運動療法
適度な運動を行うことで、膝を支える筋力を鍛え、膝関節への負担を減らしたり、関節可動域をキープしたりします。太ももの筋力アップ、ストレッチ、ウォーキングなどがおすすめです。症状が落ち着いて膝が動かせるようになったら始めます。

膝が痛む原因は、加齢やスポーツ、これまでの生活習慣などさまざまです。一度すり減ってしまった関節軟骨を元の状態に戻すのは難しいですが、痛みをやわらげ、元の生活ができるように治療を行いましょう。

きたこしがや東口整骨院では痛みを早く取り除き、その方に合わせた運動を行っていきます。
お早めにご相談ください。

アクセスマップ

きたこしがや東口整骨院
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「北越谷駅」から徒歩1分
場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(048-973-0089)
お問い合せ
お問い合せ